03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■あいぽーと育児相談☆銀杏祭り
今日は久しぶりに、あいぽーとの育児相談に行ってきました。

久しぶりに、ユウヒマン&AKIちゃんにも会えるとあって、

今朝の子UNYOは準備も早い。

いつもこうだと助かりますが、、、
091202-1.jpg
さて、今日の育児相談。

☆嬉しかったこと
・お友達との争い事がだいぶなくなったこと
・幼稚園が決まったこと

☆相談事
・幼稚園で、月齢の上の子にコテンパンにやられて、3月生まれのハンディを感じた。
→・親の不安は子どもに伝わるから、子どもから言ってこないかぎり、その話には触れれない。幼稚園は楽しいところと思わせてあげて。
早生まれっ子の親には覚悟がいる。先生のお子さんも早生まれで、特に運動に関しては月齢が上の子にはかなわず、仲間に入れてもらえなかった。誕生会なども、運動が得意な人気者は毎週お呼ばれしていたのに、数回しか呼ばれなかったり、早生まれのハンディはあるもの。ハンディがあるという覚悟をしておいて。

・仲良しのお友達と違う幼稚園になった。プレ幼稚園のとき、お友達を探しているので、不憫に思う。
→わざわざ本当のことを告げることはなくて、「今日はいないねー」くらいで流しておく。幼稚園が始まれば、新しい仲間を作ってくるから大丈夫。

・食事について。食事時間が一時間かかる。
→30分で切り上げる。栄養が…量が…と食べさせる必要はない。量より質。しっかり咀嚼して食べることの方が大切な時期です。足りない場合はおやつの時間に軽食をあげて。

ということでした。

いつも切羽詰まった相談が必ずあったものですが、

今回は、特に相談事がなくて、雑談という感じでした。

3歳近くなると、本当に楽になるものですね。

ひろばでも、親が介入しなければならないことは減って、

子ども同士であそんでくくれるので、非常に助かります。

おかげで、マママたちは比較的ゆっくりお話できました。
20091203091039

帰り道、外苑前の銀杏祭りに立ちよりました。

紅葉も盛りで、落ち葉の絨毯がとてもきれいでした。
091202-2.jpg
広場でしばしあそんで、

4人でモチモチプルプルのわらび大福を食べて帰路につきました。

花より団子、、、
スポンサーサイト
●育児相談トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■あいぽーと育児相談→上野動物園☆
今日は、あいぽーとの育児相談でした。

珍しく空いていて、10時半を過ぎて到着したのに、

午前中に面接してもらえました。
091001-1.jpg
<嬉しかったこと>
・今日あったこと、感じたことなどをたくさん話してくれるようになった。
・自立心がでてきて、手洗い&うがい、トイレなど一連の流れを自分でやるようになった。
・家族そろって、落ち着いて外食できるようになった。


<相談>
●トイレ
ウンチだけはどうしてもパンツでする。

→お気に入りのパンツをウンチ用パンツにして、トイレに置いておく。ウンチのときは、トイレでお気に入りパンツにはきかえて力むように誘ってみる。パンツでしてしまったら、お尻は拭かずに便器に座らせて、「残ってないかなーー」と力ませる。それから、自分でトイレットペーパーで拭かせて、流させる。そのうち自分でするようになるから、気にしない、気にしない。

●幼稚園選びについて
カリキュラムがしっかりしていて、「厳しい」と言われてる幼稚園と、カリキュラムは特になく、「自由」といわれてる幼稚園で迷っていた。
パパと見学に行って、園が開放感と清潔感があり、緑が豊富ということ、ある程度カリキュラムがあった方がよいということで、「厳しい」方がよいということになった。
でも、仲良しのお友達は、もう一方の幼稚園に行くこと、第一印象が悪くて、評判もイマイチなのが心配。職員一人一人は、とても熱心で好感がもてた。

→幼稚園は、どちらを選んでも、親が足りない部分を補填すればよい。親がどれだけクリエイティブに遊びを与えられるかによって、中学、高校になったときに花開くかが決まる。幼稚園のカリキュラムで決まるのではない。五感を育めるのは3歳までで、それを育むのは親の役割。幼稚園も大事だけど、それはそれとして、自分の関わり方を見直しましょう。
あと何回かプレに通う中で、子どもに選ばせてみて。どちらか選べなくても、子どもには嗅覚があるから、それを親ができるだけ察知してあげて。

ということでした。

今日は要点がまとまらなくて、消化不良な感じでしたが、

要は、幼稚園は大事だけど、選んだ幼稚園によって、

子どもの将来が決定的に変わるということはなくて、

親の関わり方が大切だ、ということなのかな、と思います。

あまり肩肘張らず、子UNYOの直感にまかせよう。
091002-2.jpg
今日は、久しぶりにAちゃん親子に会いました。

あまりに子どもたちが成長していたので、 

しばらくお互いに気づかず、

「Aちゃん?」

「子UNYO君?」

と気づいてビックリ!でした。

子UNYOは、

「Aちゃん、一緒にお昼食べようよー」と誘ったり、

「愛しのAちゃーーん」と叫んだり、

終始はしゃいでました。

昼食を終えて、あいぽーとを後にして、

上野動物園に向かいました。
091001-3.jpg
先日行ったばかりでしたが、

子UNYOが「ペンギン見れなかった」と毎晩言うので、

ペンギンを見物してから、

いつもの仲良しメンバーと合流。

やっぱり、みんなに会うと子UNYOは嬉しそう。

ひとしきり遊んで、解散後も公園で遊ばせて、

昼寝せずに、早めの就寝。

今日も、楽しかったね。
●育児相談トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■あいぽーと育児相談☆とらやカフェ
今日は、あいぽーとの育児相談でした。

●嬉しいこと
・ママが怒ったとき、ひとしきり泣いた後、「○○をしたから、ごめんなさい」と理由を説明して謝れるようになった。
・おもちゃの取り合いのとき、叩かずに「今、使ってるから」とか「かして」と言葉で言えるようになった。赤ちゃんに対しても、優しい心が芽生えたようで、攻撃しなくなった。

●相談1:食事しつけ

偏食で半年くらい前から相談している。出したものを食べなかったらご馳走さま、をしたら、食べれる食材はいくつか増えたけど、体重が激減。その後、気にしないことにしていたが、やっぱり偏食は続いている。最近、ワガママ(カンシャク)が強くて、食生活が原因じゃないかとパパに言われて、対応を見直した。食べたくないものを下に落としたりするので、厳しく怒っている。厳しく怒れば、激しく泣いて、オエーとかなりながら、食べる。でも、こんなに泣かせて無理やり食べさせてていいのか疑問。好きなもの以外を出す度、一時間とか泣き続けるので、まいっている。食事のじかんが苦痛なのだが
「子UNYOは、ママと一緒にご飯食べるの大好きなの。楽しみなの。」と言う子UNYOが痛々しい。

→工夫…・
・ゼライスにミックスベジタブルをまぜて、プリン状にして出す。
・レタスに、ミックスベジタブルをまぜたご飯を、自分で巻いて食べさせる。
・食べないときは、サッと切り上げる。

→対応…
・二歳では厳しく怒るのは逆効果。怒ったことには反発するので、まだ説明して聞かせる時期。ロジカルに理解できるのは、四歳くらいから。嫌いなものを落としたら、親が拾って「よくないことよ」「食べ物がなくて苦しんでいる人もいるのよ」など、説明する。落とすという行動も、離乳食の頃とは意味あいが変わって、落とす→食べれなくなるから食べなくてすむ、という知恵から。それも成長。怒ってしまったときは、夕方のブランコ遊びで、怒ってごめんね、と、ママは悲しかったことを伝えてフォローする。でも他に、偉かったことがあったら、「○○して偉かったね、ママ見てたよ」と誉めてあげる。

●相談2:幼稚園選び

前回、正反対の幼稚園2つで迷っている話をして、パパに同席してもらうことを勧められた。新学期落ち着いた頃にいってこようと思っている。そもそも、幼稚園とは集団の中で自由に生活すればよいものなのか、ある程度プログラムにのって生活した方がよいものなのか、ご意見を聞かせてほしい。

→どちらがよいということはない。入ってから思った通りでないということもある。公でキチンとした環境なら、プライベートでは自由に、公で野放しなら、家でキチンと、というようにバランスをとるようにする。入園式などの節目はパパに参加してもらうように。節目には家族揃って、家族の思い出をつくる。

●相談3:絵カード

絵カードのフラッシュの是非について。本人が喜ぶので、絵カード10枚を一秒に一枚、フラッシュしていたが、奇声をあげるようになった。ネットで調べると是非がいっぱいでてきて、弊害の一つに奇声もあった。思い当たる事もいくつかあった。絵カードを中止したら、奇声がピタリと止んだ。絵カードが好きなので、やってあげたいけど、続けていいかわからない。

→フラッシュをしている人が多いので、大きな声では言えないけど、、、フラッシュは個人的には、勧めない。型にハマった方法ではなく、絵カードの役割(読むー見る)を交代したり、ママの自作カードを使って、「りんごを切りまーす」と切ってパズルにしたり、一歩先を行く遊び方を工夫する方がいいのでは? ということでした。

今日は、アシスタントの方が娘さんが岩手に嫁いだ方だったので、

岩手話に花が咲いて、

自然の中で子育てできることの素晴らしさ等、

長い時間お話させてもらいました。

ありがとうございました。

それから、AKIちゃん、いつもいつも順番とってくれて、ありがとうね。

今日は、短い時間でしたが、久しぶりにユウヒマンとも遊ぶことができました。

「ユウヒマン、一緒にお外行こうよ」

「うん、靴もってくるね」

なんて会話してて、ちょっと感激してしまいました。

二人とも、成長したねー。

入園前に旅行、行こうねー♪

AKI&ユウヒマンとバイバイしてから、

少し外遊びをして帰路につきました。

表参道まで歩いているうちに、子UNYOが眠りに落ちたので、

お楽しみのスイーツの時間にしました。

今日は、表参道ヒルズのとらやカフェへ。
080902-1.jpg
冷たい玄米茶と、東方美人と豆乳ミルクのみぞれの間に、

ラム風味の餡を挟んだスイーツをチョイスしました。

ラムと餡がとっても合うし、甘味と東方美人の苦味も絶妙。

洗練された一品でした。

玄米茶も、冷やしても香りよく、色もきれい。

接客も非常に丁寧で、さすが、とらや!と思いました。

静かな音楽で、癒やし時間を満喫できました。

ただ、、クーラーの中でみぞれと冷茶をいただいたので、

体の芯まで冷えきってしまいました。

はは。
●育児相談トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
■あいぽーと育児相談☆
今日は、牧浦先生の育児相談にあいぽーとまで行ってきました。

最近、相談者が増えてきたようで、

今日はお昼を挟んで2時間半待ちでした。

混んでいるし、乳児も多いので、

脱出してクレヨンハウスまでお散歩に出かけることにしました。

ここなら、子UNYOも喜ぶはず。

店内を見回すと、見慣れない新しい絵本も品揃えされていて、ウキウキ。

さー、選ぶぞーと思ったら!

着陸した子UNYOが「電車だー」と絶叫しながら店内を走り回り、

店員さんに

「他のお客様もいらっしゃいますので」

とやんわりお叱りを受けてしまいました。

お友達へのプレゼントだけ購入して、あえなく退散。

定番の「よるくま」(酒井駒子)
よるくまよるくま
(1999/11)
酒井 駒子

商品詳細を見る


と「きんぎょがにげた」(五味太郎)
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
(1982/08/31)
五味 太郎

商品詳細を見る


をチョイスしました。

五味太郎さんの絵本は、お茶目な笑いが含まれていて好きです。

さて、あいぽーとに戻って、牧浦先生とご対面。

☆嬉しかったこと

●1日のスケジュールを自分で立てるようになったのが可愛い。「今日はねー、あのねー、電車に乗って、それから、先生に行って、それから、おやつ食べてねー、電車みるのー」
●遊びが、ママやお友達とキャッチボールしたり、一緒に遊ぶことが増えてきた。


☆相談

●トイレトレ
レ先月、パンツを購入後、アドバイスを守ったら、3日で家内では失敗なくなり、一週間で外でもできるようになった。しばらく順調だったが、外出中、パパの背中で失敗してから、教えてくれないことがでてきた。その後、帰省する際、九時間の長距離移動なのでオムツ使用したら、逆戻り。七割失敗という感じ。失敗する度、黙々片付け、「次はトイレでできるといいね」「次は、おしっこでる前に教えてねー」と控えめに一言。ほとんど教えてくれなくなってしまったので、自分がトイレ行くときには「一緒に行く?」と軽く誘うようにしてる。このままでいい?

→言わなくてもわかっているから、何も言わず、ただ黙々と片づけなさい。


●チ○チ○を触る
露出が増えたので、私が家事したり、目を離してるとき触ってる。「ばい菌入るから止めた方がいいよー」、と軽く注意するが、止めない。

→何も言わない。ばい菌が入ったって、腫れて痛いくらいです。


●幼稚園選び
近所の幼稚園いくつかプレに行って、二カ所で迷っている。一つは、プログラムがしっかりしていて、集団行動の苦手なはずの息子が、参加して楽しんでる。 もう一つは、野放しタイプの幼稚園で、息子の好きなように遊んで楽しんでいる。仲良しのお友達ほとんどはこちらに通う予定。息子にとってはどちらも楽しそうだから、お友達がいるのが優先かなと思っているけれど、私としては、プログラムに興味を持って参加している姿に感激したので、一つ目の幼稚園がいい気もする。

→父の出番。節目節目の意志決定には、父に参加してもらうこと。プレに一緒に参加できるなら、する。できないなら、園児がいる時間に見学に行くか、外から様子を見るだけでも一緒にしてみて。

以上でした。

今日は人が多いので、室内で遊ばせるのはヒヤヒヤでしたが、

子UNYOの成長を一つ見ることができました!

遊んでいたオモチャを取られても、叩きませんでしたー。

パチパチ。

しかも、どうしても譲れないオモチャは、

他のオモチャを代替で渡して死守してました。

あなたの成長、ママは嬉しいよー!

●育児相談トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■またまた育児相談☆子ども家庭支援センター
朝から公園へ。

暑いという予報だったので、水遊びをしに行ったのですが、

意外に寒く、しかも、雨まで降ってきてしまったので、

早々に切り上げて、児童館に非難しました。

今日はプラレールのお部屋は、いつもより賑わっている様子。

ヤダな、、、

また、争いごとの予感。

しばらく、子UNYOはご機嫌で遊んでいたのですが、

お気に入りの電車をたくさん繋げている子が近くにくるや、

ガシャガシャ。

壊しちゃった。

その子が子UNYOの遊んでいたレールにその電車を走らせたうえに、

子UNYOの新幹線をとった!

そのとき、手が上がりました。

未遂でしたが、今日は手を上げたら即退散と約束していたので、

泣き喚く子UNYOを抱えて隣の部屋でお説教。

落ち着きを取り戻さないので、そのまま帰宅しました。

私も、感情を切り替えられず、帰宅してからも説教。

なんで、叩くんだろう。

いけないな、と思いながらも怒りが収まらない。

次の育児相談はずっと先だし、、、、

区の支援センターに相談してみました。

助言いただいたのは、以下のとおり。

・穏やかに過ごしているときに、「手は叩くためにあるのではなくて、頭をいーこいーこするためにあるんだよ」ママの手、子どもの手で、お互いいーこいーこしてみて、「いーこいーこしてもらうと、嬉しいね。」と伝える。

・叩いてしまったときの対応は、その場でスマートに叱ろう(共感の言葉をかける、謝らせる、納得させるetc)と思わなくていい。ギャーギャーわめく子どもを抱えて、逃げるようにその場を離れても構わない。
ただ、後ででもいいから、「叩くのは良くないことで、叩くとママは悲しい」ということは簡潔に伝える。「叩いてしまう気持ちはわかる」という共感の気持ちを伝えられたらなおよい。

・叩いてしまうような局面で、具体的にどうしたらよいか教えてあげる。「とらないで」「今遊んでるの」etc

・怒られるという関わりでもいいから構ってほしくて、怒らせることをする場合もある。子どもは親との関わりを例外なく求めているから、「ママは見てるよ、そばにいるよ」というメッセージを口に出して言うことで、子どもが安心することもある。

・「怒ってる?」「怒らないで」と言うのは、「ママが怒っていること」が最大の関心事で、その原因に関心が届いていない可能性もある。3歳くらいになると、「○○だから、□□はしたらいけないんだよね」などと、復唱して整理する言動が見られるようになる。そのときまで、焦らずメッセージを伝え続けて。

・俗にいうNGな叱り方(「○○する子は嫌い」、「○○しなかったら○○よ」、しつこくエスカレートする叱り方etc)をしてしまっても、仕方ないと思っていい。根本に子どもを愛する心があって、よりよい接し方をしたいと努力していれば、大丈夫。

・お母さん、自分のこと責めないでくださいね。お話を聞いていて、お母さんがいけないとか、何か改めなきゃならないという感じではないから。(←泣きそうになりました。私も相当まいってるなーー。)

初めて電話してみたのですが、

話を聞いてもらったことで気持ちがスーと落ち着いて、

ほんと、救われました。

いつもと違う視点で、違う意見をいただけたのもありがたかったです。

電話を切ったとき、子UNYOが言いました。

「電話でお話したから、もう怒ってない?」

この子はママのこと、よく見ている。

・・・悪い叱り方をしてごめんね、と涙がでてきて、

そしたら、子UNYOが手で涙を拭いてくれました。

「そうだよ、手は涙をふいてあげるためにあるんだよ。叩くためにあるんじゃない。」

と言ったら、嬉しそうにもう一度涙を拭いてくれました。

ごめんね子UNYO、ママも成長するからね。

夜は、一緒に花火をして仲良く遊びましたとさ。



●育児相談トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

unyofood

Author:unyofood
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ママも楽しい♪こどもも楽しい♪」
  子連れ料理教室開講中

☆☆☆飾り巻き寿司教室開催☆☆☆

【今月のメニュー】
蝶々の巻き寿司
(手作り和菓子とお茶付♪)

9月17日(金)10:00~12:00 満席

光文社MART10月号
「プチ先生になりたい」で紹介されました♪
詳細は→こちら

「リトル・ママ」に掲載されました!
詳細は→こちら

出張教室はこちら↓
http://ameblo.jp/mamasforum/

お問い合わせはコメントにて
             お願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎プロフィール◎
子UNYO☆(3歳)
主人☆(35歳)
UNYO☆(33歳)
の三人家族。

病院ソーシャルワーカーを7年。
社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員☆

結婚退職後、料理に目覚めて、
フードコーディネーター資格を取得。

出産を機に、食育インストラクター&
飾り巻き寿司インストラクター取得☆

お客さんを招いて、
おもてなしするのが好き♪
お友達と楽しくお料理するのも好き♪♪




   ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています♪


=================
2007.8.31までのバックナンバー
↓  ↓  ↓
UNYOと子UNYOの晩御飯
=================

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。